• トップページ
  • コンセプト
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院案内&料金
Guidance & Fee
    • 診療コンセプト
    • メディア掲載情報
    • 医院案内
    • 矯正料金表
    • 補綴物料金表
    • 入れ歯・義歯料金表
  • 医院概要&アクセス
About & Access
  • 虫歯治療
  • 根管治療
  • 取り扱い入れ歯
  • 義歯料金表

虫歯治療について

もっとも身近なお口の病気といえる虫歯。治療は、進行段階に合わせ適した方法を用いることが必要です。治療は、早ければ早いほど簡単に、痛みも少なくてすみます。「虫歯かな?」と思ったら、堺東の高端デンタルクリニックまで、お早めにご来院ください。

虫歯の早期発見、早期治療を心掛けています

高端デンタルクリニックではダイアグノデントペンを使用し、虫歯の早期発見に努めています。レーザー光を歯に当てることで、虫歯の進行段階を数値化できる機器。歯と歯の間などの見えにくい部分の虫歯も、早期に見つけられます。

進行段階 症状 治療
【C1】
【C1】
表面のエナメル質にできた初期の虫歯です。まだ痛みはありません。 虫歯の部分を削り、白いレジン(歯科用プラスチック)でできた詰め物をします。
【C2】
【C2】
エナメル質の内側の象牙質に進行した虫歯です。神経に近くなるため、痛みが現れます。 虫歯の部分を削り、その大きさに合わせて、詰め物または被せ物をします。
【C3】
【C3】
歯の奥の神経に進行した虫歯です。歯は大きく溶かされ、激しい痛みが現れます。

[神経が生きている場合]

麻酔をして虫歯部分を削り、被せ物をします。

[神経が死んでいる場合]

神経を取り除き、薬剤を詰める根管治療を行います。
【C4】
【C4】
歯冠部がほとんどなくなってしまった重度の虫歯です。神経が死んで一旦痛みはなくなりますが、放置すると膿みが出て、再び激しい痛みが現れます。 歯を残すことが難しくなり、抜歯を行います。その後、入れ歯インプラントなどによって、機能を回復させます。
  • ページの先頭へ戻る

根管治療について

虫歯が悪化し歯の内部にまで進行して神経が死んでしまった場合、従来であれば抜歯をまぬがれることはできませんでした。しかし近年では、根管治療によって天然歯を残せるようになりました。

根管治療とは、歯の中を通る根管(こんかん)という管の中から死んでしまった歯の神経を取り除き、薬剤を詰める治療。大変細かい根管を扱うため、とても難しい治療になりますが、これを確実に行うことで歯を抜かずにすむのです。

根管治療の流れ

STEP 01 麻酔

根管治療の前には、麻酔を施します。治療中の痛みはほとんどありませんのでご安心ください。

STEP 02 治療

根管の中から、死んでしまった神経や血管を取り除き、根管内をキレイに洗浄し、最後に消毒します。

STEP 03 根管充填

キレイになった根管の中に、すき間なく薬剤を充填します。

STEP 04 被せ物の装着

最後に被せ物を装着し、治療は完了です。

土台の重要性

土台の重要性

根管治療はとても繊細で難しい治療ですが、もしきちんとできていなかったら、いずれ再治療が必要となり、上部の被せ物もつくり直さなくてはなりません。治療を1回で終わらせ、被せ物を長持ちさせるには、根管治療を確実に行う必要があります。

根管治療は、地盤を固める作業をたとえることができます。地盤がいいかげんであったら、そこにつくる土台や、上部に建つ家がいくら立派でも、その家はすぐに倒れてしまうでしょう。これと同じように、被せ物の土台をつくるための地盤となる根管治療は、とても重要な工程なのです。

当院では、根管治療について豊富な実績を持っており、細心の注意をはらって治療を進めています。どうぞ安心して治療をお受けください。

新しい土台~ファイバーコア~
新しい土台~ファイバーコア~

従来では、被せ物の土台には、金属製の土台(コア)が用いられてきました。しかし金属は硬く、歯根を傷めやすいほか、被せ物の透明感を損なうなどのデメリットがありました。

そこで生まれたのが、ガラス繊維強化樹脂でつくられたファイバーコア。しなやかさと透明感を持ち、歯根を傷めず美しさも損ないません。さらに金属アレルギーの心配も不要という、とても優れたコアです。

虫歯治療、根管治療は大切な治療です。でも、予防によって治療自体をなくすことができれば、歯はもっと長持ちさせられるでしょう。

高端デンタルクリニックの予防歯科についてくわしくはコチラ

  • ページの先頭へ戻る

入れ歯

歯を失ってしまったときの治療法として古くから親しまれ、今もなお多くの方に選ばれているのが入れ歯です。しかし、入れ歯には「ずれる」「外れやすい」などといったマイナスイメージがあるのではないでしょうか?

最近では入れ歯の開発も進み、保険入れ歯であっても工夫次第で不具合を軽減することができます。堺東の高端デンタルクリニックでは一人ひとりのお口に合った、「噛める入れ歯」のご提供に努めます。どうぞお気軽にご相談ください。

保険入れ歯と自費入れ歯

入れ歯には、保険適用の入れ歯と自費診療の入れ歯があります。当院には保険入れ歯を得意とする歯科技工士が在籍しており、治療に立ち会って患者様に合った入れ歯をおつくりします。

  保険入れ歯 自費入れ歯
見た目 保険入れ歯 自費入れ歯
特徴
  • 製作期間が短く、修理が簡単
  • 費用が抑えられる
  • 床はレジン(歯科用プラスチック)のみ、様式も保険適用内のものにかぎられる
  • 床が厚く、装着時に多少の違和感があり、噛み心地、熱伝導率は比較的劣る
  • 床には金属やシリコン、歯にはセラミックなどさまざまな素材がつかえ、様式などにも制限がないため、審美性・機能性をとことん追求できる
  • 装着感、噛み心地、熱伝導率などもよいものがつくれる
  • 製作期間は比較的長くなる
  • 修理ができないものもある
  • 費用は比較的高額になる

入れ歯のお手入れ方法

STEP1

STEP2

入れ歯を外して、まずは流水でざっと汚れを洗い流します。

歯ブラシをつかい、入れ歯専用のみがき剤をつかって汚れをていねいに落とします。みがき剤は、研磨剤の入っていないものを選びましょう。

STEP3

STEP4

入れ歯洗浄剤に浸けます。通常は30分以上浸ければOKですが、汚れがひどいときには一晩浸けておきましょう。

最後に洗浄剤をきれいに洗い流せば、お手入れ完了です。

取り扱い入れ歯

レジン床入れ歯(総入れ歯/部分入れ歯)
レジン床入れ歯(総入れ歯/部分入れ歯) 保険適用の床部分がレジンでできた入れ歯。
メリット
  • 費用が抑えられる
  • 製作期間が短い
  • 調整・修理が簡単
デメリット
  • 床が厚く、装着感・噛み心地が比較的劣る
  • 耐久性が低い
金属床入れ歯(総入れ歯/部分入れ歯)
金属床入れ歯(総入れ歯/部分入れ歯) 床部分が金属でできた入れ歯。
メリット
  • 床が薄いため軽く、装着感もよい
  • 食べ物の温度を伝えやすい
  • 耐久性が高い
  • 汚れが付きにくい
デメリット
  • 自費診療となり、比較的費用が高額になる
  • 金属アレルギーのリスクがある
マグネットデンチャー(総入れ歯/部分入れ歯)
マグネットデンチャー(総入れ歯/部分入れ歯) 残っている歯根と入れ歯の内側に強力な磁石を取り付け、磁力によって固定する入れ歯。
メリット
  • ずれやもたつきがない
  • 見た目が自然
  • 取り外せるため、お手入れしやすい
  • 1本から対応できる
デメリット
  • 自費診療となり、比較的費用が高額になる
  • 磁石を埋め込む手術が必要
  • 失った歯の本数によっては、装着時に維持しにくいことがある
フレキサイトデンチャー(部分入れ歯)
フレキサイトデンチャー(部分入れ歯) 歯肉部分が自然なピンク色のシリコンでつくられた、部分入れ歯。
メリット
  • 目立たない
  • やわらかなシリコンでフィット感がよい
  • まわりの歯の負担を減少
  • 金属アレルギーの心配がない
デメリット
  • 自費診療となり、比較的費用が高額になる
  • 経年によって変色する
  • 食べ物の温度は伝わりにくい
  • 激しい温度の変化に弱い

義歯料金表

入れ歯
コバルトクロム金属床義歯(片顎) 340,000円+税
チタン合金金属床義歯(片顎) 430,000円+税
1-5歯 20,000円+税
6-11歯 30,000円+税
12-14歯 40,000円+税
総義歯 60,000円+税
義歯
審美クラスプ(1歯につき) 20,000円+税
審美クラスプ(1歯につき) 85,000円+税
ノンクラスプ義歯 フレキサイト両側に及ぶもの 140,000円+税
  • ページの先頭へ戻る