• トップページ
  • コンセプト
  • 院長・スタッフ紹介
  • 医院案内&料金
Guidance & Fee
    • 診療コンセプト
    • メディア掲載情報
    • 医院案内
    • 矯正料金表
    • 補綴物料金表
    • 入れ歯・義歯料金表
  • 医院概要&アクセス
About & Access

予防歯科

かつて歯科医院の役割といえば、「虫歯歯周病の治療をすること」でした。しかし近年では、それに「予防」が加わってきています。なぜなら本当の意味で歯を守るなら、治療をくり返して歯を削り続けていくよりも、予防によって治療をなくすことのほうが有意義だということが理解されてきたためです。

予防には、毎日の歯みがきだけでなく、歯科医院での専門的なメンテナンスが欠かせません。
堺東の高端デンタルクリニックでは担当衛生士制を採用し、一人の衛生士が一貫して患者様のお口の状態を把握し、一人ひとりの患者様に合ったメンテナンスをご提供します。

そしてスタッフ一同、予防をきっかけに「歯を守り健康を育てる診療」をご提供できるよう努めてまいります。予防については、どうぞ当院にご相談ください。

予防の基本~正しい歯みがきについて~

歯の健康を守るには、毎日の歯みがきがとても重要になります。歯みがきは「しているかどうか」のではなく、「できているかどうか」が大切。正しい歯みがきを身に付け、自分でできる予防を効果的に行いましょう。

歯みがき指導

当院では、一人ひとりのお口に合った正しい歯みがきの方法を指導しています。歯ブラシの選び方などもお教えしますので、お気軽にご相談ください。

【歯みがきのポイント】

POINT 01
歯みがきは時間をかけてみがきましょう。
POINT 02
ゆっくりと丁寧に、1本1本の歯をみがく感覚で行いましょう。
POINT 03
毎日の習慣として定着させ、プラークコントロール(※)を継続してきましょう。

※歯垢の歯への付着を防いだり、付着したプラーク(歯垢)を除去したりすること

おすすめ歯みがきグッズ

歯みがきの際には、歯ブラシだけでなく次のようなグッズも利用するのがおすすめです。

デンタルフロス 歯間ブラシ
歯ブラシでは届かない、歯と歯の間の汚れを取り除くための糸状のグッズ。糸の両端を両手で持ち、歯と歯の間を順番に通して汚れを落とします。 歯と歯の間の付け根部分に通す小さなブラシ。さまざまなサイズが売られていますので、自分に合ったものを選んでつかいましょう。

当院の予防歯科

定期検診
定期検診 お口の中の状態は日々変化するものですが、自分ではそれを確認することができません。定期的に歯科医院でチェックを受けることで、早めの対応が可能になります。
フッ素塗布
フッ素塗布 歯質を強化し、虫歯に強い歯にする効果を持つフッ素を歯の表面に塗布します。定期的に行うことで予防効果が高まります。
噛み合わせチェック
噛み合わせチェック 噛み合わせの乱れは、虫歯や歯周病の原因になるだけでなく、顎や顔、また全身にまでゆがみを招くことがあります。噛み合わせも、定期的にチェックを受けることが大切です。
生活習慣指導
生活習慣指導 食生活や睡眠、喫煙習慣、ストレスの有無など、生活習慣はお口の健康に大きな影響を与えています。健康なお口を維持するために日ごろの生活習慣を見直し、必要であれば改善を促します。
  • ページの先頭へ戻る

歯周病治療

日本人の成人の約8割がかかっている、または予備軍であるといわれる歯周病。歯肉の腫れや出血からはじまり、徐々に歯を支える歯肉や顎の骨などが溶かされていく病気です。悪化すれば歯が抜け落ちてしまうこともあるため、大切な歯を守るためには早めに治療にとりかかることが必要です。

歯周病の原因

歯周病は、お口の中のプラーク(歯垢)に棲む歯周病菌がおもな原因となって発症します。ほかにもお口の中や生活習慣にも、リスクが潜んでいます。

お口の中のリスク
歯石 歯並び クセ 被せ物

歯石

歯石は細菌の塊。歯周病菌が潜み、歯周病を招いたり悪化させたりします。

歯並び

歯並びが乱れていると、プラークが付きやすく歯みがきもしにくくなり、歯周病を招きやすくなります。

クセ

「歯ぎしり」「口呼吸」などのクセは、歯肉への負担や細菌の繁殖を招き、歯周病を悪化させます。

被せ物

被せ物が合っていないと、そのまわりにプラークが付きやすくなります。
生活習慣によるリスク
喫煙 食習慣 糖尿病 ストレス

喫煙

喫煙習慣は血管を収縮させ、歯肉の血行が悪化。また抵抗力を低下させ、歯周病を誘発・進行させます。

食習慣

甘い物や歯に付きやすいおやつなどをよく食べていると、プラークを増殖させます。

糖尿病

糖尿病は細菌への抵抗力を低下させ、歯周病を誘発・悪化させます。

ストレス

ストレスは身体の抵抗力を下げ、歯周病の原因になります。

歯周病と全身疾患との関係

歯周病の影響はお口だけでなく、全身にも及ぶことがわかっています。歯周病治療は、全身の健康を守るための治療でもあるのです。

【血管の病気】

歯周病菌が血管に入り込むと、血栓ができやすくなります。その結果、心筋梗塞や動脈硬化、脳梗塞などを招いてしまうことがあります。

【糖尿病】

歯周病にかかると、血糖のコントロールが難しくなり、糖尿病を悪化させてしまいます。この二つの病気には、互いの症状を誘発したり悪化させたりするという関係があります。

【肺炎】

誤嚥(ごえん)によって歯周病菌が気管に入り、肺に到達すると、肺炎を引き起こすことがあります。

【早産・低体重児出産】

歯周病菌は、子宮に陣痛のような筋肉収縮を招くことがあります。その結果、早産や低体重児出産が引き起こされてしまうことがあります。

歯周病の進行と治療法

  • 軽度歯周病
  • 中等度歯周病
  • 重度歯周病

※クリックしていただくと画像が切り替わります。

軽度歯周病(歯肉炎)
症状 治療法

軽度歯周病(歯肉炎)

歯肉が軽く炎症を起こし、歯周ポケット(歯と歯肉の間)が少し深くなっています。歯みがきをすると出血しますが、まだ痛みなどはありません。

【歯みがき指導】

歯周病治療の基本は、正しい歯みがき。一人ひとりのお口の状態に合った歯みがきの方法を指導します。

【スケーリング】

歯みがきだけではどうしても落としきれないプラークや歯石を、「スケーラー」という器具を用いて徹底的に取り除きます。

中等度歯周病
症状 治療法

中等度歯周病

歯周ポケットが深くなり、顎の骨が溶かされはじめています。歯肉が腫れて出血し、歯はややグラついて口臭も現れます。

【ルートプレーニング】

スケーリングでは取り除ききれない、歯周ポケットの深くにこびりついたプラークや歯石を、「キュレット」という器具を用いて取り除きます。歯石がなくなりデコボコになった歯根面を、最後に滑らかにみがき上げ、プラークの再付着を防ぎます。

重度歯周病
症状 治療法

重度歯周病

歯肉が下がり、顎の骨は半分以上溶けてしまっています。歯肉からは膿が出て、口臭も増し、更に進行すれば歯は抜け落ちてしまいます。

【フラップ手術】

歯肉に麻酔をして切り開き、歯根を露出させて歯周ポケットの奥底にこびりついたプラークや歯石を取り除く手術を行います。同時に感染している歯肉組織も取り除いてキレイな状態にし、歯肉を縫合します。

歯周病は、口臭の原因にもなります。正しい治療で口臭を解消しましょう。

高端デンタルクリニックの口臭治療についてくわしくはコチラ

  • ページの先頭へ戻る